青山の交際クラブねっと

青山の交際クラブねっと

私服選びをしてもらいに

正直、私服のセンスがありません。仕事はスーツなのでなんとかなってますが、私服となると本当に何をどう着ていいかわからない。以前服屋の店員の言われるがままに服を買っていたこともありましたが、いざ自分で組み合わせようとするとやっぱりどうしていいかわからなくなるんです。それにいらないものまでポンポン買わされてしまって、これじゃダメだと思ってました。そんな時、友人が青山の交際クラブというものを利用していたのを思い出して、自分も登録し、一緒に洋服を選んでくれるセンスのいい女性を探すことに。ちょうどアパレル勤務の女性がいたので、買い物デートということでセッティングしてもらいました。行ったのは彼女の職場ではない、メンズ専門のショップ。自分でいいなと思ったアイテムを選ぶと、それにあわせやすいものを彼女が選んでくれ、今日の服装と組み合わせるならこういう風にすればいいよ、と的確なアドバイスをもらえました。かなりいい感じになったと思っているので、今度は彼女の職場に行って、何かお礼に買おうかと思っています。

見下してくるやつを見返してやった

何かにつけ自分を見下してくる友人の友人に、よくわからんホームパーティーに誘われました。みんな奥さんか彼女連れてくるから!という宣言付きで。男だらけの職場でなかなか出会いがない自分への当てつけだと思います。断ってもよかったんですが、実は以前こういう嫌がらせをされた時にイラッとしたのと、自分でもそろそろ女性と楽しむ時間が欲しいと思ったのもあって、青山の交際クラブに登録していたのです。しかもすでに趣味で意気投合して仲良くなっている女性がいるのです。まだ恋人関係というわけではないものの、かなり頻繁にメールのやり取りもしているし、女友達と呼ぶには十分な存在。そいつを見返してやりたいと正直に話し、パーティーに付き合ってもらうことにしました。その日の彼女は、いつもよりかなり気合いの入ったメイクとヘアスタイルで、誰に見られても恥ずかしくないくらいの美女に!いや、元々素材は良かったのですが、自分の意図をしっかり汲んで協力してくれたんです。案の定友人たちやそいつは彼女に興味津々、適当なところで切り上げて、2人で祝杯をあげましたよ。

あり得ない…非常識な女性

青山の交際クラブを利用するようになって1年くらい経ちました。ちょっとタイプじゃないかな?という子がいても、まあ次はないというだけで、それほど嫌な思いをすることはあまりなかったのですが、先日会った女性がちょっと…非常識なタイプで。休日だったので昼から会うことになり、ランチをしようと雰囲気のいいカフェ&レストランのようなところに行きました。注文から食べている最中までは、まあなんてことはなく普通だったのですが、食事を済ませてコーヒーを飲み終わると、備え付けのナプキンで彼女が使い終わったスプーンを拭きました。お店の人への配慮かな?と思って見ていましたが、拭き終わったスプーンをサッと自分のカバンに忍ばせたんです。びっくりして、えっ!?と声を出してしまいましたが、すると彼女は笑みを浮かべながら口元に手をやり「しっ」と。そのすぐ後に出ましょう!と彼女が率先して店を出てしまったので、そのまま会計を済ませて店を出てしまいましたが、店の外で問い詰めると「かわいかったから」持って帰りたくなったんだそうで…。その場ですぐ別れて帰りましたし、青山の交際クラブ側にも報告してしまいました。